読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃいがオーストラリアにいるんだって!

2016年6月からワーホリでオーストラリアに来ました♪ほぼ日記ですが、日々の生活を報告していきたいと思います☆

新たな決意を胸に!!

今日はついにうちのボスに『来月1度日本に帰ります』って伝えました!!




~~~オレの言い分~~~


妹の結婚式があるので日本に帰ります。

期間は2週間くらいです。

できればまたここに戻ってきたいです。

その間の家賃は発生するんですか?




~~~ボスの言い分~~~


そりゃ帰らないといけないね。

2週間ね◎

戻ってくるのはどうかな~、どれだけ人がここに来るか次第かな。

家賃ね~。シェアハウスにたくさん人いれないとオレがたくさんお金払わないといけないんだよ……




仕事帰りに話したんですが、少し考えるということで夜再度話すことに。




ボスの話を要約すると、


戻ってくるのはOKなんだけど、オレがいない2週間の間に違う人が来てしまったら今のシェアハウスに入れる可能性がある。

そうなると住むところがないから結局戻ってこれなくなる。

いない間も家賃を払ってくれるなら部屋は空けておける。



とのことでした。



言ってることは非常に理解できます。

彼は収穫の他にも家賃などを稼ぎにしています。

商売なので、当然オレの他にお金を払う人がいればそちらを優先しますわな(>_<)


ちなみに、いない間の家賃は約$400(32000円)。

オレとしてはムダな出費になるので、これを払うつもりは最初からありませんでした。





仕事帰りに話をして夜にもう1度話すことが決まり、シャワーを浴びている最中にふと思ったのです……





【オレはいつから平穏な毎日を求めるようになってしまったのか!?】




ファーム仕事は悪質なものも多く、ネットの情報はあてになりません(>_<)

嘘がたくさん書いてあり、聞いてたのと違う!なんてよくあることです。

そんな中、今のファームは良心的(?)で、仕事は早く終わるし、オフシーズンでもなんとか赤字は出していません。

このファームしか知らなければ他にもっといいところがあっても気にならないですが、もし他所に移ってここよりか酷かった場合、きっと後悔するのでは……と考えていました。

だからこのファームに戻ってきたかったです。


もう1つ、違うファームで働くとまた書類を1から集め直さないといけません(>_<)

それが面倒だったのです。





しかしね!!

オーストラリアにはセカンドビザのためのファームを含む仕事は腐るほどあります!

それなのに、このファームしか知らないでいいのだろうか!?

悪質な目に合ったら、それはそれでネタになるしいい経験なんじゃなかろうかと!!




もちろんファームで仕事することがオレの目的ではないので、一刻も早くファームから脱出したいです。



しかし、いつからオレはこんなに『ぬるく』なってしまったのか(/´△`\)



失敗しようが、後悔しようが、新しい事にチャレンジするのが好きだったのでは!?

退屈が嫌いで刺激を求めて海外に来たのでは!?

日本とは違い、いろんなことにトライできるのがワーホリのいいところなのでは!?

後1ヶ月と考えることで、仕事にメリハリつけれるのでは!?






皆さん、お待たせして大変申し訳ございませんでした!

ようやく忘れかけてた自分を取り戻し、いつものじゃいが帰ってきましたよ!!!




えぇ、自分から相談しといてなんですが、今のファームは日本に帰るタイミングで辞めることにしました(*≧∀≦*)

一応 “戻りたかったらまたLINEで相談する” という形で決着しましたが、オレの目はもう違う方向を見ています!



日本に帰らなければならないということで、こうなる可能性があったのは最初からわかっていました。

何よりも妹の結婚式なのでそれはどうしようもありません。




じゃあ、それをきっかけに新しいことやろうじゃないですか♪

帰国の話がなければ多分最後までこのファームにいたと思います。

逆に、違うことにもチャレンジできるチャンスが増えたわけです☆



悪質?

上等じゃない!!


地獄?

上等じゃない!!



なんでもかかってきなさいよ!

たった2年しかないんだから、全力で相手してやろうじゃないщ(゜▽゜щ)









……と、今はまだ地獄を味わっていないので調子に乗っております(笑)

あまりにも辛かったら、土下座してでもここに帰らせてくださいと懇願するかもしれません。

まぁ、そん時は『これが日本の土下座じゃ!!』というくらいの土下座を見せしましょう!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村