読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃいがオーストラリアにいるんだって!

2016年6月からワーホリでオーストラリアに来ました♪ほぼ日記ですが、日々の生活を報告していきたいと思います☆

オーストラリアのファームは実力主義?

今日はいくつかファームを経験してみて思ったことを書いてみようと思います。


※※あくまで個人的な感想ですので、全てのファームに当てはまる訳ではありません。


※※ファームの経験も十分ではないですので、本当に 個 人 的 な感想です。





ファームには給料形態が2種類あります。


「時給」と「歩合」です。


仕事内容にもよりますが、オレは基本的に歩合制が好きです。

だって頑張ったら頑張った分だけお金もらえるし♪

残り時間とその日の給料を計算しながら仕事するので、時間経つのがあっという間です!

時給だと1日のMAX金額決まっちゃってるし、暑くて早く仕事が終わったりすると当然給料が悲しいことになります(´;ω;`)


ただ、仕事内容があまりにもしんどかったりひどいものは安定して給料がもらえる時給の方がいいですけどね(-_-;)

時給だと仕事をすごく急かされることもありますが……



時給はちゃんと仕事してればいいだけなので、今回は割愛します。

そもそもオレの経験は圧倒的に歩合制の方が多いですし。





歩合制は完全な実力主義だと思います!!


東はバンダバーグ、西はマンジマップ。

ピッキングの種類はトマト、カプシカム、ズッキーニ、イチゴ。

パッキングはイチゴ。

その他に畑のワイヤー張りやリンゴのティニング、プルーニング。


経験多い人に比べたらまだまだですが、いろいろやってみてどこも歩合制はやはり実力主義だと思います。



『早さこそ正義』



もちろん大前提として「キチンと言われたことをしている」ということになりますけどね。

早ければ早いほどボスやスーパーバイザーに気に入られるケースが多いです。



気に入られると何がいいかって?


絶大な信頼を得られる。

→→多少のミスには目をつぶってくれる。

→→さらに仕事のスピードが上がる。

→→さらに気に入られる。


これの無限ループが始まります☆


東はバンダバーグで1ヶ所のファームしか経験してないし、西もファームは何ヵ所か経験しましたがマンジマップからは出ていないです。

情報が不十分ですが、個人的には西の方が雰囲気が好きですね。

ちゃんと人として扱ってくれます(笑)


んなアホな!って思うかもしれないですが、あらゆる国から2ndビザのためにワーホリの人が来るので「替えが効く消耗品」程度にしか思ってないファーマーも結構います(´д`|||)



バンダバーグでは「中の上」もしくは「上の下」くらいのスピードでしたが、マンジマップに来てからは「上の上」へ仲間入り(*≧∀≦*)

バンダバーグはファームが有名なだけあって強者多すぎ!

平気で給料がオレの2~3倍ある人がいる(。´Д⊂)

ただ、腰を使わない仕事ならオレだって頑張れます!





薄々わかっていましたが、今の立ち位置にきてようやく『実力主義』という言葉を完全に理解しました。


イチゴファームで「マシーン」と呼ばれていたオレは、スーパーバイザーであるボスの彼女さんからがっつり信頼されてました。

オレが早く仕事ができるように環境を整えてくれるし、友達を紹介したり、休みをもらうときの多少のワガママを許してくれます。




そして今のリンゴファーム。

今日改めて『実力主義』の凄さを知りました。


そもそも違うファームで3人でリンゴの間引き仕事をしていました。

スーパーバイザーがいないので仕事の丁寧さはわかりませんが、その3人の中で1番仕事が早かったオレだけがご存じの通り新しい仕事を手に入れることができました。

同じ会社の違う畑でのリンゴ間引きです。

他の人は全員1ヶ月のお休み。


なぜお休みなのかというと、リンゴは間引きをしてからピッキングまで少し時間が必要だからです。

これは恐らくどのリンゴファームも例外なく当てはまると思われます。



「例外なく」ということは、同じ会社である今の畑でも同じことが言えます。

オレも行くまで知らなかったんですが、この畑でも既に何人かは仕事が終わって休みに入っているみたいです。

残りの仕事量が少なくなってきたので、ボスが必要ない人間から休みにしている訳です。

元々働いていた人が次々に休みになっている中、この時期に突然仕事に加えてもらえたのはかなりラッキー♪

こればっかりは本当にボスに感謝しています!



今の畑はリンゴの木の種類によって1本の値段が違います。

この畝は$○だけど、隣は$○。みたいにちょこちょこ値段が変わります。



何がスゴいって、同じ畝の中でもさらに人によって値段が違うということです( ̄□ ̄;)!!


今は10人弱で仕事しているんですが、いわゆるリーダー格のフランス人(同じバッパーの友達)とオレだけどうやら他の人と木の値段が違うようです。

オレら2人だけ仕事が早いので、ちゃんと1日である程度の給料が確保できるようにボスがこっそり値段を変えてくれてます!

正確に言うと、1日に給料が$200を下回らないように最後に計算して木の値段を調節しているみたいです。

今日まで知らなかったですが(-_-;)

「他の人は$1.5だけど、キミは$2.0ね」って言ってもらえました(о´∀`о)

1日に100本くらい木を終わらせるので、$50くらい違ってくるんです。




恐らく後1、2週間で全ての仕事が終わります。

その後ボスが2、3人だけ残して全員お休みに入るんですが、その2、3人の中に入れてもらえそうです♪

途中から他所から来てるのに、本当に助かる!






別に「オレ、仕事できるんだぜ!!」って言いたい訳じゃありません。


もしこの記事を読んでいる中で、


『これからファーム行くぜ!』


『今ファーム中だぜ!』


って方がいらっしゃったら、是非とも歩合制で頑張ってみてください☆

本当に、本当に、見ている景色が変わる可能性がありますよ!!


最初は上手くいかないかもしれません。

1週間くらい頑張ってみてください。

オレはとにかくいつもどうやったら早くなるのか考え続けています!

他の仕事が早い人達も同じです。

オーストラリアに限らず日本でも同じことですが、ただ漠然と仕事していてはダメです(>_<)


ていうかまず、

「毎日休まず仕事に行く!」

これができない人が意外といますからね(-_-;)


(初日に寝坊して仕事行かなかったオレが言うのもなんですが……)


後、ボスが言ったことは基本的に「YES」でしか答えません。

『もしキミがよければ……』

こういうフリにも全て「YES」で答えます。


ボスに気に入られて損することなんて絶対ありませんから!!





ファームをやり始めてなんだかんだ半年近く経とうとしています。

まだまだオレの知らない秘密もたくさんあるんだろうな♪

多分このまま5月頃までファーム続けると思います。

お金貯めたい理由もできたし、1年目はファームに費やしてもいいかな。

またなんか面白いこと発見したら報告しますね(о´∀`о)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村